tataのコピー.jpg

TOP > 治療例 > かみ合わせがすれ違っている方の矯正治療

ビフォー & アフター
  (治療例)

BEFORE

0000000005.jpgsign.png

kuro.pngkuro.pngkuro.png

AFTER

0000000079.jpgsign2.png

かみ合わせが
すれ違っている方の
矯正治療


右側の上下のかみ合わせが
完全にすれ違ってしまっている患者様です。
かみ合わせがすれ違っている状態を、
その様子から鋏(はさみ)状咬合といいます。

このように、片方が完全に
すれ違っていることは稀ですが、
一番奥の歯がすれ違っていることは
よく見受けられます。
すれ違っていると、
上下の歯は噛む力が発揮できないため、
適切な位置に移動させる必要があります。

この方の場合、すれ違っている右側で
噛みにくいのが問題ですが、
すれ違うことで下顎が左側押されてしまうため、
顔のゆがみの原因となってしまっています。
噛み合わせの面でも見た目の面でも、
矯正治療をするメリットの大きい症例です。

治療のビフォー・アフターで、
歯並びはもちろんのこと、
顔の歪みも改善されたことがわかります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主訴:右側の歯がかみ合っていない
診断名:下顎両側側切歯欠損、
    過蓋咬合を伴う
右側の片側性交叉咬合症例
初診時年齢:27歳
装置名:バイトプレート、
リンガルアーチ、マルチブラケット装置
抜歯非抜歯:抜歯
治療期間:3年9か月
費用の目安:70 〜 75万円
リスク副作用:歯周疾患、う蝕、
歯肉退縮、歯根吸収を誘発する可能性
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー