tataのコピー.jpg

TOP > 治療例 > 50歳からの矯正治療

ビフォー & アフター
  (治療例)

BEFORE

8cc390ec95q8eq_1992_204_10_0052082cc83r83s815b.jpgsign2.png

kuro.pngkuro.pngkuro.png

AFTER

8cc390ec95q8eq_1996_201_17_0062082cc83r83s815b.jpgsign.png

50歳からの矯正治療


50歳代から治療を開始した患者様です。

年齢が上がるにつれて歯を支えている骨(歯槽骨)
が弱くなってくるため、歯並びが悪いと
自身の噛む力に歯槽骨が負けてしまいます。

そのため歯と歯の隙間が大きくなったり、
出っ歯の状態はさらに悪くなってしまいます。

この患者様は入れ歯治療をする予定でしたが、
矯正治療を行うことで、隙間を閉じるととも
に出っ歯の治療も行いました。

自分の歯だけで治療を終えることができるのも、
矯正治療の良いところです。

もちろん矯正治療で歯周病を悪化させてしまう
ことがないように、治療中はしっかりとした
歯みがきを行う必要があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主訴:歯と歯の間の隙間が気になる
診断名:歯周疾患および
    上顎左側第1小臼歯欠損に伴う
空隙歯列症例
初診時年齢:51歳
装置名:マルチブラケット装置
抜歯非抜歯:非抜歯
治療期間:1年9か月
費用の目安:70 〜 75万円
リスク副作用:歯周疾患、う蝕、
歯肉退縮、歯根吸収を誘発する可能性
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー